これだけはおさえておきたいこと

シロアリ

シロアリの種類と見分け方

ここでは、日本で食害被害の原因となるシロアリの種類と見分け方について知ることができます。家の中やその周辺で見覚えのないアリをみつけた方は、このページを読んでみてください。もしかしたら、それがシロアリかもしれませんよ。狙われる前に完全対策を練りましょう。

READ MORE
家

被害に合いやすい家屋の特徴とQ&A

このページでは、被害に合いやすい家屋の特徴やシロアリに関するQ&Aについてまとめてみました。シロアリ調査を頼む前に、一度自分でシロアリがいるかどうか調べてみたい方は一度目を通してみてください。

READ MORE
白蟻

シロアリ調査

シロアリの調査でわかることやその費用、駆除の費用の相場について紹介しています。これから専門業者にシロアリの調査を依頼してみようと考えている方に、きっと役立つ情報ですよ。

READ MORE
害虫

危険な虫ランキングとシロアリ業者の選び方

身の回りにいる危険な虫ランキングとシロアリ業者の選び方について掲載しています。シロアリ以外の虫に興味が湧いてきた方や、シロアリ業者を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

READ MORE

シロアリについて知ろう

害虫

シロアリとは

シロアリは、地球上で最も数が多い虫といわれています。
森のなかで暮らすシロアリは、枯れ木などを食べて暮らしています。木に含まれるセルロースという糖質を食べて分解してくれるので、森の掃除屋さんとも呼ばれています。
しかし、木造住宅においては、シロアリは天敵になってしまいます。

実はアリじゃない

シロアリにはアリという名前がついていますが、実はシロアリはアリではなくて、ゴキブリの仲間なんです。
さらに、私達がよく知る黒いアリは、このシロアリを食料としています。

シロアリの種類

シロアリには大きく分けて2種類います。
一つが土壌性シロアリで、もう一つは乾材性のシロアリです。
土壌性のシロアリは水分に強いアリで、土の中に巣を作って、木材を食べるときに土からでてきます。
一方で、乾材性のシロアリは水分に弱く乾燥した木材を好みます。土壌性のシロアリとは異なり、木材の中に巣を作ります。

同じ方法では防げない

土壌性のシロアリと乾材性のシロアリは対策方法が異なります。
なぜなら、侵入経路が異なるからです。
そのためシロアリ対策をするときは、まずシロアリの種類を調査してから、その侵入経路に合った駆除を行わなくてはなりません。

気がつくきっかけランキング

no.1

蟻道をみつけた

蟻道とは、シロアリが作った道です。シロアリは光や乾燥を嫌うため、それを防ぐために地中から餌場の間に土や糞で道を作ります。この蟻道を天井や戸棚の隅に見つけてシロアリに気がつく方が最も多いです。

no.2

家の中に虫がいる

家の中で虫なんてめったに見ないのに、最近羽のついた虫を見つけ、シロアリに気がつく人も多いです。羽アリがいるということは、近くに成熟した巣があるということなので、木造住宅の場合はすでに手遅れかもしれません。

no.3

床がぺこぺことへこむ

床のへこみでシロアリに気がつくこともあります。シロアリによる被害が進むと、床の下の木材が食べられてしまい、その部分に体重をかけると床がへこんでしまいます。シロアリでなく、フローリング剤が弱く剥がれた場合にもなるので、シロアリかどうかの調査が必要です。

no.4

木くずを見つけた

押入れの奥で木くずをみつけて、さらを調べてみるとシロアリだったということがあります。シロアリは木を食べながら木の中をトンネル状にして巣を広げていきます。木くずがある場合はシロアリが木を食べた後かもしれません。

no.5

柱を叩いた時に音が響く

自宅の柱を叩いた時に音が響くような感じがして、シロアリによる被害が発覚することがあります。柱の中心部分は、シロアリが好んで食べる部分です。食べられて空洞化した柱は、叩いた時にポンポンと響くような音がします。

ネズミ駆除を専門業者に任せる!
放置をしていると大変なことになるかも <PR>
シロアリ調査業者に出張施工してもらう
料金が明確な業者の見つけ方を教えます! ハクビシン駆除なら業者に相談!
害獣トラブルを放置しないで 鳩の駆除を任せよう♪
適正価格で対応してくれる!

ここが怖いシロアリ

ここでは、シロアリの種類やシロアリに気がつくきっかけをランキング形式で紹介しました。シロアリの被害は基本的に木材の内側で拡大していくため、気がつくほどの症状が出た時にはすでに手遅れであることが少なくありません。木造住宅の場合は普段から気をつけましょう。